1. Home
  2. 取扱製品
  3. 測定器
  4. スペクトラムアナライザ
  5. HighFinesse

hf logo

HighFinesse社
LWA-1k

光線幅&周波数ノイズ測定器

スペクトラムアナライザ

HighFinesse社のLWAは、狭線幅のスペクトル幅と周波数ノイズ、RINを測定・解析できる、コンパクトな測定器です。可動部品を使用していない干渉計を使用し、高精度、高レゾリューションで、固有線幅と実効線幅の測定が可能です。また、周波数ノイズの解析により、周波数ドリフトの原因となるノイズ源対策に便利です。USBでPCに接続するだけで簡単に使用可能です。PIDオプションで、光線幅やRINノイズのアクティブコントロールが可能です。現在は1530-1565(c-band)のみ販売しておりますが、近赤外モデルも開発中です。

より線幅が広いレーザには、380nmから対応可能なLWA-100kをご利用下さい。

スペック
波長域 / 特徴
  • スタンダード: 1530 ~1565 nm (c-band )
  • 近赤外モデル開発中
  • 周波数ノイズ、スペクトル線形および相対強度ノイズ(RIN)解析
  • 線幅測定精度: <1kHz
  • 周波数ノイズ分解能: 10 Hz/√Hz、ダイナミックレンジ 50dB @ 10Hz ~ 2 MHz
  • RIN: -150 dB/√Hz
  • 可動部品がなく、音響ノイズに対しても高安定
  • PIDオプション: 周波数ノイズ・RINノイズ低減の為のエラーシグナルを出力
  • USB接続でPC上で解析
測定画面
光スペアナ

ECDLとファイバレーザの線幅測定例。

フリーランのECDLとPIDオプションでロックしたECDLとファイバーレーザの線幅を示しています。

光スペクトラムアナライザ

ECDLとファイバレーザの周波数ノイズ測定例

狭線幅レーザの周波数ノイズを、2KHz 以下の分解能で測定が可能です。出力信号はデジタイザユニットによって解析し、USB接続されたPC上に表示されます。

スペック
Model LWA-1k-1550
Wavelength Range:  
c-band ( 1530-1565nm )
NIR 開発中
required input power *1 0.5 - 5 mW
Input power sensitivity +- 5%
Analizer Unit  
Laser type CW and single mode
Input type FC/APC connector
Spectrul and frequency noise specifications  
Optical frequency resolution 2 kHz
Frequency noise bandwidth 10 Hz - 10MHz
Frequency noise sensitivity <10- 100 Hz/√Hz ( @ >100KHz )
Instrinsic line width range 3) <350Hz - 1MHz
Effective linewidth range (β-separation ) 2) 2 KHz - 4MHz
Relative intensity noise limit -150 dB / Hz
Lineshape spectrum  
Effective linewidth range ( FWHM ) *2 2 kHz - 4 MHz
Optical frequency resolution 2 KHz
Dynamic range 50 dB
Miscellaneous  
Interface USB 2.0 type B
Analog output / error signal *4 BNC +-7.5 ( 50 Ω) +-15 ( high impedance ) V, single ended
Cutoff ( Highpass filter ) 10, 1K, 10K, 100K Hz
Dimention 220x334x96mm
Weight 8 kg
Digitizer module ( include )  
Sample rate 62.5 Sa/s ( max. )
resolution 16 bits
Acquisition time 0.1 s ( typ )
Evaluation time <1 s ( typ )
Miscellaneous  
Communication USB 2.0 type B
Dimention 210x200x74mm
Weight 2 kg
Software  
Operating system Windows ( 7-10 ) , 64 bit
CPU ( mimimum ) Core TM i5 or equivalent
memory ( mimimum ) 8GB
Port USB 2.0 or higher
Graphical Evaluation options Frequency noise density graph, lineshape graph, frequency deviation distribution (histogram)
PDF Download ⇒カタログダウンロード

NOTE:

1) Best performance with maximum input power. Noise sensitivity scales inversly with input power.

2)Effective linewidth: Combination of intrinsic linewidth and additional broadening mechanisms (thermal, electronical and acoustic noise). Determination by β-separation method (noise density spectrum) or curvefitting procedure (lineshape spectrum).

3) Intrinsic linewidth: Limited by fundamental quantum processes and laser design. Determined by the noise floor (white noise) of the frequency noise spectrum and calculated by: noise density (in Hz²/Hz) times π (rule of thumb). This value is most commonly denoted as “laser linewidth” by laser manufacturer.

4) Linewidth reduction/control: Analog output as error signal for use in combination with PID controller (not included) for frequency noise or RIN reduction.

*仕様は予告なく変更になる場合がございます。

更新 2019/04/05